ホーム>かごバッグの代名詞サンアルシデとは

かごバッグの代名詞サンアルシデとは

かごバッグの代名詞サンアルシデとは

夏のファッションアイテムに欠かせないものといえば、かごバッグではないでしょうか。
清涼感のあるかごバッグは、厳しい暑さもほんのり和らげてくれます。そんなかごバッグの代名詞と呼ばれるのが、フランスのサンアルシデ。
天然石アクセサリーショップのアンシャンテでは、サンアルシデのアイテムも取り扱っております。
こちらのページでは、サンアルシデについてご紹介します。

持ち手のバリエーションが豊富

かごバッグの代名詞サンアルシデとは1

サンアルシデの持ち手には、様々なものがあります。薄くて光沢のある革ハンドル、革の編み込みのハンドル、小さめでカラフルなハンドルなど。ハンドルの種類だけでもたくさんありますので、異なる雰囲気のデザインがいろいろ楽しめます。

職人が手がけるハンドメイドのアイテム

かごバッグの代名詞サンアルシデとは2

サンアルシデのバッグに使用されているラフィア椰子は、マダガスカルの自然公園に生息しているもので、マダガスカルから直接買い付けた最高品質のラフィア椰子を使用しています。そして、現地の職人によってハンドメイドで作られており、細かい部分までこだわり丁寧に仕上げられています。
ハンドメイドのアクセサリーやファッションアイテムにはオリジナリティーのあるものが多いですが、サンアルシデのアイテムも、他にはないオリジナリティーに溢れたアイテムとなっています。

マダガスカルの社会発展に貢献

かごバッグの代名詞サンアルシデとは3

サンアルシデのアイテムは、マダガスカルの人々によって作られていますが、人々が生産に携わることで、人々の社会的地位が確保され、家族や村での生活が守られています。
サンアルシデは、仕事を通してマダガスカルの社会発展に貢献しています。また、生産現場では浄化装置が設置されており、化学物質によってマダガスカルの土壌が汚染されないように配慮されています。

東京都渋谷区神宮前に店舗を構えるアンシャンテでは、通販ショップでもサンアルシデの商品をお買い求めいただけます。北海道から沖縄まで全国配送いたしております。サンアルシデのアイテムを、この機会に手に取ってみませんか。